ストキャスティクスの簡単な見方・使い方/トレードですぐに使える

  • 2017/2/25
  • ストキャスティクスの簡単な見方・使い方/トレードですぐに使える はコメントを受け付けていません。

 

※画像は%Kと%D

オシレーター系テクニカル指標:ストキャスティクス

ストキャスティクスは、オシレーター系テクニカル指標の中では、

RSIに次ぐ人気があり、「%K」と「%D」「%SD」の3つを用いて、

買われすぎ、売られすぎを分析しながら、

売り買いのエントリーポイントを探ります。

ストキャスティクスの見方

%Kは、上下に激しく動き、分析期間の安値~高値の現在が安値から何%の位置なのかを表しています。

%Dは、%Kの移動平均で、過去何個分移動したのかを表しています。%kは、早く動きすぎて、分かりにくいので、より分かりやすく少し遅く動きます。

%SDは、%Dの移動平均で過去何個分移動したのかを表しています。%Dよりもさらにゆっくり動きます。

%Kと%Dの二つが用いられたものをファスト・ストキャスティクスと言われ、動きが早く、売り買いのサインが頻繁に出ます。そのため、だましも多いです。

%Dと%SDをスロウ・ストキャスティクスと言われ、動きが平均化しており、一般的によく使用されます。

 

ストキャスティクスの使い方

70%を超えると買われすぎ、30%を下回ると、売られすぎと判断できます。

%Dが%SDを下から上に抜けていくと買いのサイン

%Dが%SDを上から下に抜けていくと売りのサインとなります。

RSIと同様ダイバージェンスも発生します。

ローソク足が上昇しているのに%Dが下がるとトレンドの転換で、売りのサイン、

逆にローソク足が下降しているのに、%Dが上がると買いのサインとなります。

ストキャスティクスの使用法は、RSIの使い方に似ており、

初心者の方にも分かりやすいテクニカル指標になっています。

FX初心者に選ばれている【DMM.com証券】DMM FX
ーDMM FXー

・国内のFX口座数第1位

・口座開設で2万円キャッシュバック!

・米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定!業界最狭水準

・コールセンターは24時間対応、LINEで問い合わせもOK

・操作性の高い取引ツール

DMM FX公式サイト

関連記事

コメントは利用できません。

カナダの経済指標

セントラル短資FX会社情報・評判

ページ上部へ戻る