ストキャスティクスの簡単な見方・使い方/トレードですぐに使える

  • 2017/2/25
  • ストキャスティクスの簡単な見方・使い方/トレードですぐに使える はコメントを受け付けていません。

 

※画像は%Kと%D

オシレーター系テクニカル指標:ストキャスティクス

ストキャスティクスは、オシレーター系テクニカル指標の中では、

RSIに次ぐ人気があり、「%K」と「%D」「%SD」の3つを用いて、

買われすぎ、売られすぎを分析しながら、

売り買いのエントリーポイントを探ります。

ストキャスティクスの見方

%Kは、上下に激しく動き、分析期間の安値~高値の現在が安値から何%の位置なのかを表しています。

%Dは、%Kの移動平均で、過去何個分移動したのかを表しています。%kは、早く動きすぎて、分かりにくいので、より分かりやすく少し遅く動きます。

%SDは、%Dの移動平均で過去何個分移動したのかを表しています。%Dよりもさらにゆっくり動きます。

%Kと%Dの二つが用いられたものをファスト・ストキャスティクスと言われ、動きが早く、売り買いのサインが頻繁に出ます。そのため、だましも多いです。

%Dと%SDをスロウ・ストキャスティクスと言われ、動きが平均化しており、一般的によく使用されます。

 

ストキャスティクスの使い方

70%を超えると買われすぎ、30%を下回ると、売られすぎと判断できます。

%Dが%SDを下から上に抜けていくと買いのサイン

%Dが%SDを上から下に抜けていくと売りのサインとなります。

RSIと同様ダイバージェンスも発生します。

ローソク足が上昇しているのに%Dが下がるとトレンドの転換で、売りのサイン、

逆にローソク足が下降しているのに、%Dが上がると買いのサインとなります。

ストキャスティクスの使用法は、RSIの使い方に似ており、

初心者の方にも分かりやすいテクニカル指標になっています。

☆私が実際にトレードで使用しているFX会社☆

初心者の私が実際に取引で使っているFX会社をご紹介します。初心者のあなたにも使いやすく、おすすめです。

SBIFXトレード

トレードブログでも使用している。私が一番使用している、SBIFXトレードです。スプレットも業界最狭水準で、取引開始通貨数も少なくできるので、初心者の方にも取引が開始しやすいです。私はスマホのみで取引をしているのですが、取引画面やチャートも見やすく、操作性も安定しているので、手軽にFXトレードができています。
SBI FXトレード
SBIFXトレードの口コミ情報を見る

DMM.com証券・DMM FX

取引ツールがつかいやすいのでDMMFXもよく使用しようしています。FX初心者の方にも分かりやすいように、動画セミナーなどの情報も多数掲載しているので、初めての取引で分からない時には、見て確認していましたね。キャッシュバックキャンペーンもしているので、お得にFXを始めることが出来ます。

DMM.com証券・DMM FXの口コミ情報を見る

GMOクリック証券FXネオ

キャッシュバック最大25,000円とお得にFXを始めることができて、スプレットも業界最狭水準初心者の方にも使用しやすいスマホアプリの取引ツールもオススメです。

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券ネオの口コミ情報を見る

関連記事

コメントは利用できません。

カナダの経済指標

セントラル短資FX会社情報・評判

ページ上部へ戻る