ボリンジャーバンドの簡単な使い方/トレードですぐに使える

  • 2017/2/25
  • ボリンジャーバンドの簡単な使い方/トレードですぐに使える はコメントを受け付けていません。

トレンド系テクニカル指標:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線に統計学くわえられたテクニカル指標で、

過去のレートを平均にした真ん中の線(ミドルライン)と

上下の線、偏差 ±1σ、±2σ、標準偏差(シグマ=σ)によって表されます。

 

ボリンジャーバンドの見方

真ん中のが中心線(ミドルライン、移動平均線)中心線の

上の線が中心から+1σ、+2σ、+3σ

下の線が中心から-1σ、-2σ、-3σ

となり、将来的に値動きする幅として、予測しています。

ポリンジャーバンド内に収まる確率は、それぞれ

±1σ=約68.3%

±2σ=約95.4%

±3σ=約99.7%

となっており、±3σの外に出ることは、

あまりないので、±3σを使用しない人もいます。

ボリンジャーバンドの使い方

 

(順張り方法)

±2~±3σを超えて推移した時は、ポリンジャーバンドのエクスパッションと呼ばれ、

これまでのトレンドが転換した可能性があります。

トレンド発生時には、ボリンジャーバンドのバンドウォークと言われ、

+1σと+2σの間を上下しながら上昇しながら移動します。

-2~-3σにきた時は売りポイント、+2~+3σにきた時は買いポイントとなります。

 

 

(逆張り方法)

スキャルピングなどの短期トレードに有効で、

レンジ相場に適した手法です。

±1~±3σを各々下値支持線や上値抵抗線と考え、

-1~-3σにきた時に買いポイント、

+1~+3σにきた時に売りポイントとなります。

ポリンジャーバンドのエクスパッションが、発生すると、

トレンドが起こりやすくなるので、

逆張りから順張りに切り替えて、トレードしていきましょう。

FX初心者に選ばれている【DMM.com証券】DMM FX
ーDMM FXー

・国内のFX口座数第1位

・口座開設で2万円キャッシュバック!

・米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定!業界最狭水準

・コールセンターは24時間対応、LINEで問い合わせもOK

・操作性の高い取引ツール

DMM FX公式サイト

関連記事

コメントは利用できません。

ニュージーランドの経済指標

ポンド・円に影響のある経済指標一覧

ページ上部へ戻る