ロングとショートとは?/FX初心者に分かりやすい用語集

FX(外国為替取引)を始めるにあたって、ロングとショートは、頻繁に使う言葉なので、

しっかり覚えておきましょう。

FX用語:ロング(Long)・ショート(short)

FXでの通貨を取引するときに使う言葉で、ロングは買い、ショートは売りです。

取引時の表示では,ロングは、Ask ショートは、Bidと表現されており、

FXでは、すべての通貨を買い、売りの両方から入ることができます。

ロングでポジションを持った場合には、

通貨の価値があが上がると利益が出て、下がると損失が出ます。

ショートでポジションを持った場合には、

通貨の価値が下がると利益が出て、通貨の価値が上がると損失が出ます。

通貨にもよりますが、主要な通貨は、対円では、ロングで入った方が、

スワップポイントがプラスに付きやすく、

売りで入ると逆にスワップポイントは、マイナスになりやすいので、

初心者の方は、まずは、ロングで注文をしたほうが、

長くポジションを持っても、マイナスにならないので、

リスクを減らすことができます。

FX業者に寄ってもスワップポイントは違うので確認してみて下さい。

スワップポイント比較

FX初心者に選ばれている【DMM.com証券】DMM FX
ーDMM FXー

・国内のFX口座数第1位

・口座開設で2万円キャッシュバック!

・米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定!業界最狭水準

・コールセンターは24時間対応、LINEで問い合わせもOK

・操作性の高い取引ツール

DMM FX公式サイト

関連記事

コメントは利用できません。

トレンド系のテクニカル指標一覧

スワップとは?/FX初心者に分かりやすい用語集

ページ上部へ戻る