証拠金維持率と強制ロスカットとは?/FX初心者に分かりやすい用語集

  • 2017/2/24
  • 証拠金維持率と強制ロスカットとは?/FX初心者に分かりやすい用語集 はコメントを受け付けていません。

FX(外国為替取引)を始めるにあたって、証拠金維持率と強制ロスカットは、頻繁に使う言葉なので、

しっかり覚えておきましょう。

FX用語:証拠金維持率と強制ロスカット

証拠金維持率とは、建玉必要証拠金に対する実行証拠金の比率を意味します。

建玉証拠金は、通貨購入するために必要な証拠金の合計額のことで、

実行証拠金は、評価証拠金から実行証拠金を引いた額をあらわしています。

例えばレバッジを10倍で、ドルが100円の時に1万通貨を購入するには、

証拠金は10万円必要になり、証拠金維持率は100%です。

証拠金15万円でレバッジを10倍で1ドル100円の時に1万通貨購入すると証拠金維持率は、150%になります。

証拠金維持率が100%を切ると新規で注文が出せなくなってしまい、

FX業者によって違ってくるのですが、

一定の証拠金維持率を下回ると強制ロスカットされてしまいます。

強制ロスカットとは、証拠金維持率が一定の数値を下回ると、発動され、

強制的にポジションを決済されてしまい、損失がでてしまいます。

証拠金維持率が100%を下回ると、追証が発生します。

FX口座に追加で資金を入れたすことで証拠金維持率が回復して、

強制ロスカットを防ぐことができます。

ただ、強制ロスカットをしないために、資金を追加をしていくと、

必要な資金までなくなってしまうリスクがでてきてしまうので、

FX初心者の方は、レバッジを低めに設定して、

リスクを計算しながら、取引をしていきましょう。

FX初心者に選ばれている【DMM.com証券】DMM FX
ーDMM FXー

・国内のFX口座数第1位

・口座開設で2万円キャッシュバック!

・米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定!業界最狭水準

・コールセンターは24時間対応、LINEで問い合わせもOK

・操作性の高い取引ツール

DMM FX公式サイト

関連記事

コメントは利用できません。

スワップとは?/FX初心者に分かりやすい用語集

トレンドとは?/FX初心者に分かりやすい用語種

ページ上部へ戻る