FX初心者のためのチャート(テクニカル分析)

FX(外国為替取引)で、チャートを見ながら取引をすることが多いのですが、

まず、チャートを分析するためには、ローソク足とチャートの見方を覚える必要があります。

ただ、チャートを見ているだけでは、どこで、通貨を売り買いしていいのか、

分かりにくいです。そこで、相場を分析するためにテクニカル指標を使用します。

テクニカル指標は、インジケーターとも呼ばれています。

テクニカル指標には、2つのタイプがあり、

トレンド系のテクニカル指標」と「オシレーター系のテクニカル指標

トレンド系のテクニカル指標は、トレンド相場順張りの時に効果を発揮しやすく、

オシレーター系のテクニカル指標では、レンジ相場逆張りの時に効果を発揮しやすいです。

ファンダメンタル分析と組み合わせることで、より有利に、為替取引を、することができます。

 

ローソク足とチャートの基本的な見方

チャートを見るときは基本的には、

ローソク足で分析することが多く、

テクニカル指標を理解するうえでも、

重要になります。FX初心者の方は、

ローソク足を理解する必要があります。

>>ローソク足とチャートの基本的な見方

トレンド系のテクニカル指標一覧

トレンド系のテクニカル指標は、

主にトレンドの強さや方向を分析するのに適しており、

中長期的な大きなトレンドの流れを分析するとこで、

売り買いのシグナルを見つけやすく、

トレードが有効に働きます。

>>トレンド系のテクニカル指標一覧

オシレーター系のテクニカル指標一覧

オシレーター系のテクニカル指標は、

レンジ相場で効果を発揮しやすく、

相場の強弱を見つけやすく、

買われすぎている状態、売られすぎている状態を、

オシレーター系のテクニカル指標で分析することで、

トレードのタイミングをはかることができるので、

短期的な売買にも有効に働きます。

オシレーター系のテクニカル指標一覧

☆私が実際にトレードで使用しているFX会社☆

初心者の私が実際に取引で使っているFX会社をご紹介します。初心者のあなたにも使いやすく、おすすめです。

SBIFXトレード

トレードブログでも使用している。私が一番使用している、SBIFXトレードです。スプレットも業界最狭水準で、取引開始通貨数も少なくできるので、初心者の方にも取引が開始しやすいです。私はスマホのみで取引をしているのですが、取引画面やチャートも見やすく、操作性も安定しているので、手軽にFXトレードができています。
SBI FXトレード
SBIFXトレードの口コミ情報を見る

DMM.com証券・DMM FX

取引ツールがつかいやすいのでDMMFXもよく使用しようしています。FX初心者の方にも分かりやすいように、動画セミナーなどの情報も多数掲載しているので、初めての取引で分からない時には、見て確認していましたね。キャッシュバックキャンペーンもしているので、お得にFXを始めることが出来ます。

DMM.com証券・DMM FXの口コミ情報を見る

GMOクリック証券FXネオ

キャッシュバック最大25,000円とお得にFXを始めることができて、スプレットも業界最狭水準初心者の方にも使用しやすいスマホアプリの取引ツールもオススメです。

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券ネオの口コミ情報を見る

関連記事

コメントは利用できません。

スマホアプリとMT4で比較

FX初心者のための基本的な知識と用語集

ページ上部へ戻る