負けないFX投資方法/みんなの体験談

私はFX自体は口座を作って実際に取引を開始してから2年目の新米トレーダーです。

元々、別の会社で証券口座も持っていまして、そちらでは日本株のデイトレードを同じく2年程やっておりました。ですので、FXを始めた当初も取引は遅くとも当日中に決済する短期のデイトレードの手法で取り組んでおりました。

投資対象通貨はアメリカドル(USD)と日本円(JPY)の組み合わせで、主に新規でドルを売って、+10pipsで利益確定の決済買い、-20pipsで損切をしていました。
そのルールで3ケ月くらい取引をしていましたが、USD/JPYの組み合わせは方向感の出にくいレンジ相場になりやすいため、結果として、損切ばかりを繰り返すことが多かったように思います。

それからはデイトレードにこだわらずに、場面場面でプライスの上限と下限を見定め、ある程度の含み損が出ても耐えて利益が乗るまでひたすら待つスタイルに手法をチェンジしていきました。

そのスタイルに移行した時に、USD/JPYのドル売りという私の主な投資法ではマイナスのスワップポイントが日ごとに加算されてしまうので、ドル買いをメインにしてスワップで損をしないようにしていきました。

口座の証拠金維持率が200%前後になるように適時入出金して、ストップロスも置いてしばらくの間放置することが多くなりました。

FXは国内業者であっても自己資金の25倍もの額の取引ができてしまうので、資金管理とストップロスの設定が必要不可欠であると思います。
確かに、昨年来のトランプ相場のような状況においては資金全額でレバレッジをフルにかけて勝負すれば一攫千金も夢ではないとは思いますが、それはあまりにもギャンブル性が強く、私にはお勧めできません。

あくまでも「負けない投資」を心掛けて、欲や感情のコントロールをしつつ、日々の資金管理を淡々と行っていくことこそが、結果的に勝てる投資法なのかもしれません。

さて、私はUSD/JPYの他にも、投資の勉強の意味で南アフリカランドと日本円(ZAR/JPY)の通貨ペアでも取引をしています。
たまに乱高下の激しいこの通貨ペアですが、適度なレバレッジで、適切なストップロス設定をして、保有し続けることで、スワップポイントだけでも結構な金額が貯まっています。

もちろん、高金利通貨はあまり投資対象としてはお勧めできませんが、資金管理や、経済の勉強でお試しに、と割り切って、少しでも自分の投資可能な商品を増やしておくことは有効なことではないかと思います。

FX初心者に選ばれている【DMM.com証券】DMM FX
ーDMM FXー

・国内のFX口座数第1位

・口座開設で2万円キャッシュバック!

・米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定!業界最狭水準

・コールセンターは24時間対応、LINEで問い合わせもOK

・操作性の高い取引ツール

DMM FX公式サイト

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

FX会社の簡単な選び方

FXで勝つにはスワップポイントを有効に活用する

ページ上部へ戻る